昔ながらの東京の質屋

質屋のシステムについてわかりやすく解説します。

知らなかった!質屋の事

昔ながらの東京の質屋

東京の町を歩いている意外と目につくのが質屋。

全国的に、リサイクルショップ風の入りやすい質屋も増えましたが、東京の住宅街には昔ながらの質屋が今でも多数存在します。

とは言え、東京の人でも実際に質屋を利用したことある人って少ないはず。

ですから質屋というものがどういうものか、正しく理解している人も少ないのでは?

質屋とは質草を担保として金銭を融資する業者のことです。

質屋は、質草として品物を預かり、その品物の価値に準じた金額を融資し、期限内に利息分の支払いを受けることで利益を得る商売です。

ちなみに、質草とは融資を受けるための担保であり、家財や衣服などが一般的です。

利用者側からすると、質草が高額であればあるほど高額な融資を期待でき、逆に質屋側からすると、質草が高額であるほど利息の収益が大きくなります。

また、質屋の業務は質草を預かり融資を行うだけではありません。

返済期限を過ぎても返済ができなかった客から預かった質草を、質流れ品として一般に販売もしています。

また、質草とは関係なく、最初から一般販売するのを目的として中古品や新古品を仕入れ、独自に小売販売を行なっている質屋も多いようです。

どうでしょう?質屋のシステムを少しでも理解していただけたでしょうか?

最後に有用サイトを紹介しておきます。
【東京に質屋で良いものを(http://www.puertoricoislandersfc.com/)】…東京にある質屋について情報が豊富です。参考にどうぞ。


Copyright (C) www.helpjohnsoncounty.org. All Rights Reserved.

知らなかった!質屋の事